草案塾で色々学ぼんで、テストで良い点数を取りましょう!

トップページ  >  ”塾”VS”家庭教師” その1

”塾”VS”家庭教師 その1”

あなたの子供さんにもっと勉強してもらおうとして、”塾”が良いのか、それとも”家庭教師”が良いのか・・と考えておられる親御さんは多いと思います。
このページでは、その”塾”と”家庭教師”の比較をした上で、親御さんの中で、何らかの参考にしてもらえたら・・ということで、”塾”と”家庭教師”の比較をしたいと思います。

授業のペース

学校などとも同じように、塾にも「カリキュラム」というものがあります。「カリキュラム」とは、どのようなことを生徒さんに教えるか・いつまでにどういったレベルに上げていくかという学習指導における計画のようなものです。
そのカリキュラムに沿って授業を行うので、生徒の中には理解が遅くて、その授業のスピードに付いて行けないといった生徒さんもいます。
もちろん、塾の教師もその可能性があることや、そうした子が出てきているということは知ってはいますが、すでに理解している子たちをもっと先に進めてあげることも考えなくてはなりません。
ですので、クラスの3分の2、もしくは半分くらいの子が理解できたというところで、そのまた次の項目へと入らざるを得ないという事態が起こります。
そうしなければ、カリキュラム通り事を進行すさせていくことは出来なくなってしまいます。
東京の難関校を志望している場合には次のカリキュラムにいち早く進みたいですからね。

カリキュラム内容に遅れた生徒さんに理解させるには

こうした、カリキュラムのスピードに付いていけない生徒さんにおいては、自分の考えの中で、納得のいくまで問題を考えるという生徒さんが多く、また、もう頭から「わからない」と思い込んでいるお子さんもいるでしょう。
しかし、そのような生徒さんであっても、家庭教師が根気よく説明して、生徒に一度で良いので理解してもらう事があげれば、次からは問題を解くことができる・・といったことがよくあります。場合によって、それまで理解が早い生徒よりも、ゆっくりと納得するまで考えた生徒の方が、結局テストの上では高得点を取ってしまう・・ということもあるのです。
東京の学校への進学を考えている場合にも有効です。

塾の方ではその対策として、授業についてこれない生徒のための、”個別指導”といった形で補習を実施している塾も多いです。
家庭教師の場合、生徒と数時間も二人だけで、ゆっくりと説明するといったことが可能で、生徒が分からないという部分については、家庭教師も根気よく付き合ってあげることができます。
ですが、家庭教師の場合、カリキュラムが無い場合があるので、そういった場合の授業の進行は、家庭教師自身の裁量によって決まります。その面で、授業がなかなか進まなかったり、家庭教師と勉強した成果が実際のテストの得点に現れるまでには、時間がかかってしまうといった、デメリットなどがあるとも言えます。
また、家庭教師派遣会社所属の家庭教師なら、家庭教師派遣会社などにいる「アドバイザー」などがバックアップしているので、家庭教師が、生徒さん個人に合わせた適切なカリキュラムを組むといったケースもあります。

おすすめWEBサイト 5選

リゾートバイト

http://www.e-goodfellows.com/

沖縄でダイビング

http://www.owd.jp/

通話料 削減

http://line1.jp/

プラチナ 買取

http://housekihiroba-kaitori.jp/金-プラチナ買取り/platinum

最終更新日:2016/6/28

次のページへ ページ上部へ